『入門Redmine 第4版』に仕込まれた小ネタ

入門Redmine―オープンソースの課題管理システム 第4版

オープンソースのプロジェクト運営支援ソフトウエア「Redmine」を解説した拙著『入門Redmine 第4版』が12月13日に発売され、その宣伝が最近目に余る前田です。

さて、この本にはちょっとした小ネタがいくつか仕込まれています。今回のブログではそのうちの一部を紹介します。

第4版なので

Redmineはプログラミング言語Rubyで開発されています。ということで、表紙の帯をめくると宝石のルビーのイラストが現れます。第3版と第4版を並べて見比べてみると、なんと第4版ということでルビーが4個に増えています。これは私ではなく出版社の秀和システムさんが仕込んだものです。

ありがたいことに、これまで約2年ごとに改訂版を出版することができています。2年後の2016年、今度は5個のルビーが表紙に描かれた本を出すことができるようRedmineを盛り上げていきたいと思います。

第3版と第4版の表紙比較

ダミーのユーザー名

本にはRedmineのスクリーンショットが多数掲載されています。スクリーンショットを撮るときにはそれらしいデータを用意しなければいけないのですが、悩ましいのがユーザー名です。「テスト太郎」「テスト次郎」のようなものだと不自然ですし、活躍中の著名人の名前を使うのも気が引けますし、「徳川家康」「織田信長」のような歴史上の人物だと印象が強すぎて使いにくいと感じます。かといって自分で考えるのも意外と手間です。

ユーザー「赤田 舞」さん

私は、Redmineに関する文脈でダミーの氏名が必要なときは、まず「赤田舞」という名前を使うことにしています。Redmine → 「赤」+「mine」 → 「赤田舞」という連想です。実在しそうな名前であり「テスト太郎」のような不自然さがなく、また著名人の名前のように強力なイメージもないので、スクリーンショットに違和感が生じません。

ユーザー「赤田舞」作成(p.71)

ダミーの氏名がもっと欲しいとき

ただ、ダミーユーザーは赤田舞さんだけでは足りません。もっとたくさんのダミーの氏名が欲しいときは、いつも日本におけるランキング上位の名字と名前を組み合わせて作っています。ランキング上位同士の組み合わせなので、よくありそうな違和感のない氏名を機械的な作業で素早く作ることができます。

例えば、2014年時点で35歳の人のダミー氏名6名分が欲しいときの具体的な手順は次の通りです。『入門Redmine 第4版』で登場するユーザー名もおおむねこの手順で作りました。

  1. 名字由来net などでランキング上位の名字6件を抽出(佐藤、鈴木、高橋、田中、伊藤、渡辺)
  2. 生まれ年別名前ベスト10 (明治安田生命) で、昭和54年生まれの男女の名前各3件を抽出(大輔、智子、誠、久美子、直樹、陽子)
  3. 抽出した名字と名前を組み合わせて完成(佐藤大輔、鈴木智子、高橋誠、田中久美子、伊藤直樹、渡辺陽子)

島根は鳥取の左です

チケットの画面は「チケット登録テスト」のような利用シーンをイメージしにくい内容ではなく、実際のシステム開発でありそうなものを用意しなければなりません。スクリーンショットで一番苦労するのはそれらしいデータが入った画面を用意することです。第3版から第4版になって図版が4割増しの315点なり、またスクリーンショットの大部分を新たに撮り直したこともあり、今回はスクリーンショットに特に時間がかかりました。

『入門Redmine 第4版』ではチケットの例の一つとして、以下の図のようなチケットを掲載しています。島根県と鳥取県を混同されるという、島根県民にとってはよくある話ですね。

なぜこんなことが起こるのか分からないバグ(p.98)

弊社

Wikiに画像を埋め込むサンプルで例示しているスクリーンショット、原稿中では「Y社」となっていますが、弊社事務所です。2009年に書いた「入門Radiant CMS」にも当時の事務所の写真が載っていて、今見ると懐かしいです。面積は今の半分くらいで、物がずいぶん少ないです。

2013年9月撮影の松江市朝日町の弊社オフィス(p.185)

2009年春撮影の松江市北陵町の弊社オフィス(『入門Radiant CMS』p.118)

まとめ

以上、『入門Redmine 第4版』内の小ネタの紹介でした。紹介したもののほかにも、分かりにくいですが少しだけ入っています。本1冊の原稿を書くというのは実は私にとっては割と大変な仕事ですが、たまにこんなことをして遊んでいました。


入門Redmine―オープンソースの課題管理システム 第4版
入門Redmine 第4版
posted with amazlet at 14.12.17

前田 剛
秀和システム
売り上げランキング: 10,711

ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2020/09/09更新)
オンラインイベント「Redmine Japan 2020」(9/18開催)への登壇および出展のお知らせ
2020年9月18日(金)にオンラインで初開催される「Redmine Japan 2020」に弊社の前田と吉岡が登壇します。
Redmineへのアクセスを制限する「IPアドレスフィルター」をオープンソースのプラグインとして公開
ファーエンドテクノロジーは、Redmine用プラグイン「IPアドレスフィルター」をオープンソースソフトウェアとして公開しました。
Redmineのクラウド版『My Redmine』の独自機能「チケットパネル」をオープンソースのプラグインとして公開
オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」のクラウドサービス「My Redmine」の独自機能として開発した「 チケットパネル」をオープンソース化・無償公開しました。
「テレワーク7割」支援 プロジェクト管理「My Redmine」を無料提供 10月末まで
政府による「テレワーク7割」要請への対応を支援。2020年8月中に「My Redmine」の無料お試しにお申し込みのお客様を対象に、10月末まで無料提供します。
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け