石垣島でWebサイト制作の勉強をしてきました

石原です。5月は半月以上の間、出張のため家と会社を不在にしておりました。そのうち5月15日〜28日までの2週間は、沖縄県・石垣島へITブートキャンプに参加しWebサイト制作の勉強をしに行ってきました。


真栄里ビーチ

ITブートキャンプ

ITブートキャンプとは、株式会社CajonによるWebデザインなどの技術を身につける講座です。場所は石垣・新潟・東京・島根の中から選べます。弊社が所在する島根県にも新しく開設されましたが、最も行く機会のない石垣島に決めました。また、オンラインコースも用意されています。

ITブートキャンプの特徴は、普段の業務・生活から離れた環境で座学形式ではなく個別に自分のペースで課題を進め実際に手を動かすことで、数ヶ月かかる学習内容を2週間〜4週間の短期間で習得できるというものです。会社の業務として石垣島へ行くことを羨ましがられましたが、技術を身につけて帰ってこられるのか不安でした。

石垣島

石垣島の人口は約48,000人、那覇より台湾のほうが近いです。羽田空港から3時間弱で石垣空港へ到着します。私が石垣島に行ったときはちょうど梅雨入りしましたが、パラパラとしか降らなかったので傘を使うことはほとんどありませんでした。気温は26℃〜32℃くらいで、朝や夜も気温が下がることがなく真夏の暑さでした。私が行った場所は石垣市の中心街だったのでお店がたくさんあって困ることなく生活できました。私はファミリーマートに毎日通っていました。

ITブートキャンプは、石垣市IT支援事業センター内で行われました。部屋は24時間利用することができるので好きな時間に行って好きな時間に帰ります。また、カフェなど好きな場所で進めてオンラインで質問する方もおられるそうです。石垣校では私のほかに3名の受講生の方がいらっしゃいました。私は毎日9時30分頃に来て、14時頃に昼食をとり、20時〜21時頃に帰るという生活を送っていました。センターには常駐の講師の方がおられていつでも質問することができます。


石垣市IT支援事業センター

受講した感想

私が受講した2週間のWebデザインコースではHTML・CSSの基本からBootstrapを使ったレスポンシブWebサイトの制作、Photoshopでのカンプ制作などをやりました。HTMLとCSSの基本のコーディングをしたり、Photoshopで人物の切り抜きをするのは楽しかったです。後半でレスポンシブ対応のWebサイトを制作するときにスクリーンサイズに合わせて画像や文字のサイズを変更したり、PCでは横並びに表示するものをスマートフォンでは縦並びに表示させたりする作業が大変でした。最後には一から自社サービスを紹介したサイトを制作することができました。2週間でここまでできるとは思っていなかったので、自分にできることが増えて帰ってこれたので行ってよかったです。まだまだ持っている技術が少ないですが、Webサイトの制作は今後仕事に生かしていきたいです。


制作したWebサイト









ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2017/11/01更新)
第7回モバイル活用展(11/8〜10開催) でRedmineについてのご相談にお応えします
11/8〜10 Japan IT Week(幕張メッセ) アジャイルウェアブースにぜひお越しください
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け