出身校で「高卒でIT企業に就職してみて」という話をした

3行で言うと…


今週のブログ担当の杠です。今回は松江商業高校に訪問させていただき、講話を行なったことを書かせていただきます。

9月26日に松江商業高校で「高卒でIT企業に就職してみて」という内容を3年生(情報処理科)の授業の中でお話をさせていただきました。私も1年前先輩方のお話を聞いたのを覚えていて、今回自分が先輩の立場に立って話をするということで、ものすごく緊張しました。

話の内容は「入社してからのこと」「働いてみて感じたこと」についてです。社会人になって高校生の時にやっておけばよかったなと思ったことを中心に話をしました。参考になる内容であったかどうか分かりませんが、少しでも今の私のように高校生の時にこれをやっておけばよかったと後悔する人が少なくあって欲しいなと思います。私はあまり喋るのが得意ではなく、たどたどしい感じになってしまいましたが、皆さん真剣な表情で聞いてくださいました。

高卒でIT企業に就職してみて from tomomi yuzuriha

質疑応答の中で

などの質問があり、IT企業で働くことに対して大変なイメージがあるんだなと改めて感じました。

まとめ

私が高校生の時も、IT企業というとどんな仕事をしているか想像できず不安に思っていました。なかなか身近な業種ではないと思うので、企業見学から情報を得たり、先輩方の話の中から想像するしかないので今回の話した中から、少しでも生徒の方々が得られるものがあればいいなと感じました。今回3年生の方々に高卒でIT企業で働いて何をしているかなどを話したことで、IT企業に興味を持っていただき、働くことに対しての不安要素を少しでも減らせられていたらいいなと思います。

講話の前に、数人の2、3年生の方々と一緒に昼食を食べながら話をしました。なかなか緊張して話が広げられませんでしたが、授業や部活で忙しい中、資格の勉強に取り組んでおられる話を聞いて、もっと自分も勉強を頑張らなければいけないなと身が引き締まりました。

人前で自分のこと(経験など)を話す機会はなかなかないことなので、貴重な経験になりました。

こちらの記事もオススメです!
「高卒でIT企業に就職した話」をした話
将来社会人になる高校3年生のみなさんにIT企業に就職した話をしました。
ドキュメント生成ツール「MkDocs」でRedmine Guide日本語訳のWebサイトを作ってみた
オープンソースのドキュメント生成ツール「MkDocs」でドキュメントサイトが簡単に作れます。
インシデント対応ボードゲームを使ったセキュリティ教育
全社員に対してISMSの教育でインシデント対応のボードゲームを利用しました。
Linuxコンテナお気軽管理(その2): セキュリティ調査編
VulsはDockerやLXDのコンテナも簡単にスキャンすることができます。
Redmineを改善するパッチを書いて、OSSへの貢献もする仕事
Redmineのパッチを書いて改善活動を行っています。
ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2017/11/29更新)
12/13『課題管理からガントチャート』の入門Redmine無料セミナー(東京)申込受付中!
Redmineやガントチャートに興味のある方、どうぞお気軽にお申込ください
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け