ファーエンドテクノロジーによるRedmine開発状況(2019年1〜4月)

ファーエンドテクノロジーによる2019年1月〜4月のRedmineの開発状況です。 当社エンジニアが日々Redmineの開発協力を行なっている中から、「注目している新機能」、「自分が開発したイチ押し機能」や「開発に取り組んでいる機能」などを中心に、新機能を紹介します。

Redmineは、オープンソースのプロジェクト管理・タスク管理ツールで世界中のエンジニアの貢献によって開発が行われています。 ファーエンドテクノロジーは、Redmineをクラウドで利用できるサービス「My Redmine」を提供し、かつオープンソースのRedmineの開発に10年以上協力しています。

最近のRedmine開発状況

Redmineは2018年12月にメジャーバージョンアップとなる待望のRedmine4.0.0がリリースされました。2019年1月にはRedmine4.0.1がリリースされ、2月には4.0.2がたて続けにリリースされました。

2019年3月に最新バージョンRedmine4.0.3が公開されRedmineのバージョンアップが続いています。 弊社代表の前田はRedmineの開発メンバーの一員(コミッター)として、世界中から送られてくる開発プログラムのレビューや採用するソースコードの取り込みを行なっています。最新のRedmine4.0.3では、開発されたパッチのほぼすべてをレビュー、コミットするなど関与しました。


Redmine4.1.0は、2019年6月22日リリース予定

現在開発が進められている次期バージョンであるRedmine4.1.0(リリース時期未定)のチケットは、2019年5月28日時点で172件で、そのうち121件が完了しています。 2019年3月、4月に取り込まれたチケットは全体で78件でした。そのうち次期バージョンであるRedmine4.1.0は50件のチケットがコミットされています。

ファーエンドテクノロジーが開発したイチ押しの機能

ファーエンドテクノロジーのエンジニアが開発した機能のうち、イチ押しの新機能をご紹介します。

チケットフィルタに「明日」「来週」「来月」などの条件

#4502 New date filter operators: tomorrow, next week, next month

期日、開始日、対象バージョンの期日などでチケットの絞り込みを行う際に、「明日」「来週」「来月」などの条件が利用できるようにしました。(Redmine4.1でリリース予定)


「来週締め切りのチケットを確認」といったような今後の予定の確認が行いやすくなる

メール通知の表示名が、更新を行ったユーザーの名前

#5913 Authors name in from address of email notifications

通知メールのFromヘッダに、通知メールのきっかけのアクションを行った人(例:チケットの作成・更新を行った人)の名前が出るようになりました。メールの一覧から、その更新の重要度や内容が推測できるようになり便利です。Redmine 4.1.0で利用できるようになります。


作成・更新操作を行なったユーザー名がFromに表示

ガントチャートを折りたたむ 注目

#6417 Allow collapse/expand in gantt chart

ガントチャートを折りたたむ機能のパッチを開発しました。下図のように ネストされているプロジェクト、バージョン、親チケットの折りたたみ表示 ができるようになります。この機能のパッチは既にRedmine公式サイトに投稿し、次期バージョンのRedmine 4.1.0向けにコミットされています。


ガントチャートを折りたためる機能が開発中(Redmine 4.1で導入)

開発に取り組んでいる機能

当社エンジニアが開発に取り組んでいるRedmineの機能を紹介します。


オープンソースであるRedmineの開発に協力している当社エンジニア

Wikiページのコピー機能

#1330 Copy a Wiki Page

Wikiページを使って、プロジェクト運用マニュアルや規約集など、内容やフォーマット、文章構造が似通った文書を複数作成したい場合、Wikiページを一度編集モードで開いて、テキストデータをコピーしておき、新たに作成するWikiページの入力画面に貼り付ける操作が必要になります。 この機能では、チケットのコピーと同じように「コピー」ボタンを押すことで簡単に同じ内容のWikiページを複製する操作を実現します。

「予定工数の閲覧」権限の追加

#3088 Estimated hours field able to hide role based - Redmine

ロールによって予定工数の表示・非表示を可能にします。予定工数は原価の項目なので、利用者によっては見せたくない場合に便利です。2019/4/26にパッチを投稿しています。


「管理」→「ロールと権限」→「権限レポート」で表示・非表示の設定ができる

ガントチャート画面で選択した項目を確認できるようにする機能

#27672 Show selected columns in gantt chart

ガントチャート画面をより便利にするために、選択した項目をガントチャートに列として追加する機能を開発しています。 この機能によってより多くの情報をガントチャートで確認できるようになります。


ガントチャートでも多くの情報を確認できるようになる


今後リリース予定の注目新機能

当社エンジニアが注目している機能をピックアップします。

チケット等にクリップボードから直接画像を貼り付ける機能 注目

#3816 Allow pasting screenshots from clipboard

クリップボードに保存した画像データをPCに保存することなく、チケット等に貼り付ける操作を実現しました。

Redmineでは、チケットやWikiに“スクリーンショット“を貼り付けたい場合、クリップボードに保存した画像データを一度(画像ファイルとして)PCに保存してから、ファイル添付機能でアップロードする必要がありました。この機能によりより、ユーザーはスクリーンショットを添付する前後のファイル操作の煩雑さから解放されます。(Redmine 4.1向けにコミット済み)


Redmine 4.1ではコピー&ペーストでチケットやWikiに画像を貼り付けられる

カレンダーの休業日に背景色を付けて表示

#27096 Mark non-working days in calendar view

カレンダ一上で、休業日が一目で把握できるようになります。主な開発者はMarius BALTEANU さんで、当社代表の前田も開発に協力した機能です。(Redmine 4.1で導入)


休業日はグレーで表示される

プロジェクト一覧にフィルタ・オプション機能追加

#29482 Query system for Projects page

プロジェクトが表示されるだけだったプロジェクトの一覧画面を、チケット画面などと同じように検索や並び替えが出来るようにするという機能の開発が行われています。(主な開発者はMarius BALTEANU さん)

この機能がリリースされれば、プロジェクト一覧画面がとても使いやすくなるはずです。※ まだリリースされることが決まっていない機能です。


現在(Redmine4.0)のプロジェクト一覧画面

開発中のパッチを適用したプロジェクト一覧画面

今後取り組みたいこと

操作性の改善を、公式サイトに寄せられた要望をもとに進めていきたいです。

関連情報

ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2019/07/18更新)
毎月開催、オライリー本の全冊公開のお知らせ(もくもく勉強会も同時開催)
ファーエンドテクノロジーが所蔵するオライリー本の全冊を公開します。あわせて当社セミナールームにて「もくもく勉強会」を開催します。
Redmine 4.0.4 / 3.4.11でファーエンドテクノロジーが開発したパッチ11件が採用
Redmine 4.0.4 / 3.4.11でファーエンドテクノロジーによるパッチが11件採用されました。
「FAREND NEWS」2019年第3号 発行
広報紙「FAREND NEWS」2019年第3号を発行しました。弊社サービスの運用・サポートに携わっているスタッフや弊社の取り組みをご紹介します。
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け