年末調整の今年の変更点と知っておくと申請が少し楽にできること


あっという間に今年も残り1ヶ月余りとなりました。これからの季節といえば、山陰ではやはりカニですね。特に「親がに」が大好きな田中です。

さて、会社員が避けられない年末のイベントに「年末調整」があります。「年末調整」には多くの方が苦戦しているのではないでしょうか?年に1回のことですから、何を申告すれば良いか忘れてしまいますからね。

私は個人事業主ですので確定申告をしますから年末調整は申告しないのですが、仕事柄取り扱いが長いので今回は申告書に記入する時のちょっとしたポイントをご案内したいと思います。なお、電子申告ではなく書類による申告が対象です。

今年から大きく変わったこと

給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書 という申告書が加わりました。あまりにも長い名称ですので、以下「基礎控除」と呼びます。


給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書

これまでは2種類の申告書があり、扶養家族がいない方は保険控除の提出で済みました。


給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

給与所得者の保険料控除申告書

しかし、今年から基礎控除の提出が義務付けられています。義務というのは、自分の収入金額と所得金額を記載する項目があるからです。おそらくほとんどの会社では本人ではなく会社側が記載することになると思います。

また配偶者がいる方は配偶者控除等申告書という項目もあります。こちらは配偶者のお勤め先から今年一年分の給与総額の見込み額を確認することになります。これまでも扶養控除で記載が必要でしたので「あぁアレね」と思い出されるのではないでしょうか。なので扶養控除と二重になっているようですが、配偶者特別控除の額と配偶者控除の額を表を使って自分で判定し申告するのが新しい点です。

基礎控除について私が感じるのは、確定申告に近い内容だということでしょうか。

保険控除で注意すること

生命保険や地震保険など、この1年間に支払った保険料について控除を申請します。自分の加入している保険会社から10月ごろ「支払い証明書」が圧着式のハガキ等で届けられます。この証明書を参考に支払い金額を記入するのですが、保険会社によっては「証明額」と「見込み額」 に分けて記載されていることがあります。保険控除で申告する金額は「見込み額」です。「証明額」ですと1月から9月までの支払額になっています。10月から12月の3ヶ月分を含めた「見込み額」で申告しましょう。

迷った時に役立つ知識

やはり国税庁のホームページで確認するのが一番間違いないです。今年は動画もあるので一層分かり易くなっています。ただ、保険料控除については各保険会社のホームページで確認するのが分かり易いようです。

年末調整がよくわかるページ|国税庁

それでは皆様、今年もよい年の瀬をお過ごしください。


My Redmine

こちらの記事もオススメです!
SmartHRで人事情報の管理を検証中です
人事・労務管理ができるクラウドサービスSmartHR(30名まで無料)で人事情報の管理を行っています。
自宅の温湿度を可視化
乾燥対策等のために温湿度計で温度と湿度を測定してみました。
AWS Lambda(Node.js)からAWS AppSync(GraphQL)のAPIを利用してみた
AWS Amplifyを利用してウェブアプリケーションを開発。APIへアクセスする際、認証などでハマった点と解決方法を紹介します。
お客様のご指摘から「My Redmine」を改善できました
お客様のご協力により、サービスを改善できたことはとてもうれしいです。
フレックスタイム制の会社側視点でのメリット
フレックスタイム制の導入で従業員の満足度向上・労務管理の簡素化などが実現できました。
ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2022/08/17更新)
My Redmine 無料個別相談会in東京(9月9日)を開催します(3組限定)
My Redmine 無料個別相談会を9月9日(金)に東京で開催します。3組限定。お客様の疑問・課題を講師が一緒に解決します。
「FAR END NEWS」2022年第3号 発行
広報紙「FAR END NEWS」2022年第1号を発行しました。弊社サービスの運用・サポートに携わっているスタッフや弊社の取り組みをご紹介します。
【My Redmine導入事例】製造業の株式会社イシダテックにおける活用事例を公開 業務状況の可視化により社内リソースの有効活用が可能に
My Redmineの導入と業務改善の推進で案件の情報共有に成功。鮮度・解像度が低かったプロジェクトの全体像が明確に。製造業の企業が取り組んだ工夫は、導入推進のための体制づくりや社内へのサポート。
プロジェクト管理ツール「RedMica」バージョン 2.1.0をリリース Redmine互換のオープンソースソフトウェア
今日使える明日のRedmine「RedMica」の最新バージョン2.1.0をリリースしました。次期バージョン Redmine 5.1の新機能を先行利用できます。
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け