Ubuntuの仮想環境を構築・管理できる「Multipass」を使ってみた


黒谷です。8月ですね。8月と言えば夏休み。夏休みと言えば朝のラジオ体操、が新型コロナウイルスの影響で私のまわりでは中止しているところが多いようです。私は会社で続けています。だいぶ体が慣れてきました。

Multipassとは

みなさんはMultipassをご存知でしょうか?Multipassは、Ubuntuの仮想環境を構築し管理することができるソフトウェアです。

https://multipass.run/

Redmineのインストール手順を確認するため仮想環境を構築しようとしたとき、社長より「Multipassが便利ですよ」と教えていただいたので、使ってみることにしました。使ってみると確かに便利でしたので、使い方や、私の感じるメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

Multipass の使い方

Multipassは、Linux、Windows、macOSで使うことができます。インストール手順が公式サイトのhttps://multipass.run/installというページに書かれています。自分のOSに合わせてインストールします。私はmacOSを使っており、以下の説明はmacOSでの説明になりますので、自分の環境に合わせて適宜読みかえてください。

また、この記事内の説明はMultipassバージョン1.10.1のものです。バージョンによって挙動が異なる場合がありますがご了承ください。

Multipassの操作はコマンドラインで実行します。インストールしたら、ターミナルを起動します。

インスタンスの作成

ターミナルでmultipass launchというコマンドを実行すると、Ubuntu LTSのイメージを使ったVMインスタンスが作成され、起動します。

$ multipass launch --name foo

ここで--name というオプションを付けていますが、これはVMインスタンスに任意の名前を付けるオプションです。ここではfooという名前を付けています。この名前を使って様々な操作を行うことができます。--nameオプションは付けなくても構いません。その場合、自動的に名前が付けられます。

起動中インスタンスの確認

起動しているVMインスタンスのリストを出力するのはmultipass listというコマンドです。

$ multipass list
Name                    State             IPv4             Image
foo                     Running           192.168.205.13   Ubuntu 20.04 LTS

リストにはVMインスタンスの名前、VMインスタンスの状態、IPアドレス、使用されたイメージが出力されます。VMインスタンス上に構築したRedmineにアクセスしたい、というときはここに表示されているIPアドレスを確認します。

インスタンスの停止

VMインスタンスを停止するときはmultipass stopというコマンドを実行します。

$ multipass stop foo

インスタンスの起動

停止しているVMインスタンスを起動するときはmultipass startというコマンドを実行します。

$ multipass start foo

インスタンスの削除

VMインスタンスが不要になったらmultipass deleteというコマンドで削除することができます。

$ multipass delete foo

VMインスタンスを作成するときにダウンロードされたイメージも削除する場合は、multipass purgeというコマンドを実行します。

$ multipass purge

使用するバージョンのイメージを指定する方法

さて、multipass launch を実行するとUbuntu LTSのVMインスタンスが作成されると書きましたが、現時点ではデフォルトのイメージがUbuntu 20.04 LTSに指定されています。他のバージョンのイメージを使いたい場合は、バージョン番号やコードネームなどを指定して実行する必要があります。使用可能なイメージはmultipass findを実行すると確認できます。

$ multipass find
Image                       Aliases           Version          Description
snapcraft:core18            18.04             20201111         Snapcraft builder for Core 18
snapcraft:core20            20.04             20210921         Snapcraft builder for Core 20
snapcraft:core22            22.04             20220426         Snapcraft builder for Core 22
18.04                       bionic            20220712         Ubuntu 18.04 LTS
20.04                       focal,lts         20220711         Ubuntu 20.04 LTS
22.04                       jammy             20220712         Ubuntu 22.04 LTS
anbox-cloud-appliance                         latest           Anbox Cloud Appliance
charm-dev                                     latest           A development and testing environment for charmers
docker                                        latest           A Docker environment with Portainer and related tools
jellyfin                                      latest           Jellyfin is a Free Software Media System that puts you in control of managing and streaming your media.
minikube                                      latest           minikube is local Kubernetes

例えばバージョン22.04を使いたい場合、バージョン番号22.04またはコードネーム(Aliasesの欄に記載)jammyを使って、以下のように実行します。

$ multipass launch 22.04 --name bar
または
$ multipass launch jammy --name bar

メモリが不足しているというエラーを回避する方法

また、VMインスタンスを操作しているときに、メモリが不足しているというエラーが発生したことがありました。VMインスタンスを作成するときに、メモリサイズを指定することで回避できました。例えばメモリサイズを2GBで作成するには--mem 2Gというオプションを付けて、以下のように実行します。

$ multipass launch --name baz --mem 2G

メモリだけでなく、CPUの数やディスクサイズを指定することもできます。

$ multipass launch --name quux -cpus 4 --disk 20G --mem 2G

インスタンスへのログイン方法

作成したVMインスタンスにログインするのは、multipass shellコマンドを実行します。ここでVMインスタンス作成時に付けた名前を使用します。例えばfooという名前のVMインスタンスにログインするには、以下のように実行します。

$ multipass shell foo

これでUbuntuにログインできます。一般ユーザー権限でログインすることになりますが、root権限が必要なコマンドはsudoコマンドを使えるようになっています。

Multipass のメリット・デメリット

私が感じているメリットはいろいろあります。

デメリットはあまり感じていませんが、あえて書くなら以下のようなところです。

全ての機能を使いこなしているわけではありませんが、ここで紹介した機能だけでもかなり便利に使えています。開発やテストでUbuntuサーバ環境が必要という方には、とても便利なソフトウェアだと思います。ぜひ使ってみてください。

My Redmine

こちらの記事もオススメです!
Dockerを使うとRedmineのテストが少しだけ楽になりました
RedmineのテストにDockerを使うことで、仮想マシンの構築作業が不要になり楽になりました。
GitLabからGitHubへリポジトリを移行しました
Gitlab・GitHubともにAPIが充実しているため、やりたいことのほとんどをコード化して多くのリポジトリの移行を素早く行えました。
Redmineのバグを見つけて改善できた話
会社で使っているRedmineでバグを発見。Redmineの改善につなげるため気がついたことを共有しています。
RedMica 2.1(Redmine 5.0互換)と Azure AD で SAML認証 をする方法
RedMica stable-2.1(Redmine 5.0互換)でSAML認証する方法。
Rails7.0にアプリケーションをアップデートしています
社内で開発中のRuby on RailsアプリケーションをVer6.1系からVer7.0系にアップデートした手順の一部をご紹介します。
ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2022/08/17更新)
My Redmine 無料個別相談会in東京(9月9日)を開催します(3組限定)
My Redmine 無料個別相談会を9月9日(金)に東京で開催します。3組限定。お客様の疑問・課題を講師が一緒に解決します。
「FAR END NEWS」2022年第3号 発行
広報紙「FAR END NEWS」2022年第1号を発行しました。弊社サービスの運用・サポートに携わっているスタッフや弊社の取り組みをご紹介します。
【My Redmine導入事例】製造業の株式会社イシダテックにおける活用事例を公開 業務状況の可視化により社内リソースの有効活用が可能に
My Redmineの導入と業務改善の推進で案件の情報共有に成功。鮮度・解像度が低かったプロジェクトの全体像が明確に。製造業の企業が取り組んだ工夫は、導入推進のための体制づくりや社内へのサポート。
プロジェクト管理ツール「RedMica」バージョン 2.1.0をリリース Redmine互換のオープンソースソフトウェア
今日使える明日のRedmine「RedMica」の最新バージョン2.1.0をリリースしました。次期バージョン Redmine 5.1の新機能を先行利用できます。
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け