なんでこの機能Redmineにないの??の裏事情

3行で言うと…


今回のブログ担当は石川です。普段は主に社内システムの開発・運用とRedmineにパッチを送る仕事をしています。

今回のブログでは、Redmineの「こんな機能あったらいいのになー」と思うのに「まだ実装されていない」機能の中のいくつかについて、どういった理由で作業が止まっているのか履歴を遡って見てみました。(調べればわかる話なので、大して裏じゃないですが)

1. プロジェクト単位でシステム設定を上書き可能にする(Feature #4015: Make app settings overridable at project level


「管理」→「設定」画面で行う設定は、現時点ではRedmine全体の設定となる

例えば、wikiの記法を「AプロジェクトではMarkdownにしたい」「BプロジェクトではTextileを使っている」というとき、設定が全体に対してしか適用できないためにどちらかにしか対応できません。開発用のRedmineにも多くの要望が届いています。

Redmine開発者Jean-Philippe Lang氏がprojectsテーブルにはもう項目を増やしたくないと考えているということもあり、この機能の実現にはデータベースの設計がまず必要となります。データベースの再設計をはじめとして多くの作業が必要となるためなかなか取り組みづらいのかもしれません。

2. ガントチャートを直接編集できるようにする(Feature #2024: gantt chart editing

ガントチャートのバーを直接ドラッグして編集できるようにするという機能です。以前はたくさんのパッチが投稿されてきましたがバグなどによりなかなかリリースされず、2012年以降は開発が止まっています。

LycheeガントチャートEasy GanttANKO Gantt chartなどのプラグインがこの機能を含んでいるため、「新しく本家にその機能を入れようと頑張るよりもプラグインを使った方が良い」というようになっているのかもしれません。


My Redmine

3. セレクトボックスを検索可能にする(Feature #21662: Search in issue assigned dropdown list


担当者を選択肢から検索できるようにする

プロジェクトの人数が多くなってくると、担当者を選択するのも一苦労です。それを楽にするためにセレクトボックスの中身を検索して素早く目当ての項目を選択できるようにするという機能です。

世の中にはこれを簡単に実現するためのライブラリがありますが、そのライブラリが今後もメンテナンスされていきそうであることや、Redmineの大きさや挙動に影響を与えないことなども確認する必要があるため、ライブラリを使うのはなかなか難しいみたいです。以前Select2というライブラリを入れようという話もありましたが、フットプリントが大きいなどという理由で入りませんでした(#23310#note-11)。

プロジェクト選択の選択肢は絞り込みが出来るようになったため、そのうちほかのセレクトボックスについても同様の機能が実装されるといいですね。


プロジェクトは選択肢から検索できる

4. デフォルトのカスタムクエリ(Feature #7360: Issue Custom Query: Default Query

チケット一覧画面などでカスタムクエリを利用する場合、一覧画面を見る度にクエリを切り替えるのが面倒に感じてくると思います。デフォルトでカスタムクエリが指定できるようになれば、一覧画面がより便利になります。

Redmine Default Custom Queryというプラグインを元にしたパッチが過去に投稿されましたが(#7360#note-35)、下記の理由により現在もリリースは保留となっています。

最後に

こういった、多くの人に必要とされている機能をRedmineに入れていけるように今後も活動していきます。

おまけ

5/18(土)に開催される第16回redmine.tokyo勉強会のLTでこんな感じの話をするつもりだったのですが、別で話したい内容ができたためブログに書くことにしました。

第16回redmine.tokyo勉強会では「管理画面からRedmineの用語やメッセージを変更するプラグイン作りました」というタイトルでプラグインの紹介をする予定です。


Redmine demo

こちらの記事もオススメです!
いま注目しているRedmineの新機能開発チケット
Redmineでまだコミットされていないチケットの中から、弊社エンジニアの石川が動向に注目しているチケットを紹介します。
ナンバーディスプレイを契約して無駄な通話を減らした
ナンバーディスプレイを契約して、勧誘電話を受けることがなくなりストレスフリーになりました。
働き方改革に先行して労務管理を改善してみた
有給休暇消化促進の褒賞金制度を設けるなど、働き方改革の一環として労務管理の改善を行なっています。
他人の書いたコードを読むこと(コードリーディング)は楽しい
Redmine公式サイトにパッチを投稿する前に、各自作成したコードをほかの人がコードレビューをしています。
ランニングウォッチをNikeからGARMINに買い替えた
ランニングウォッチのGARMINとNikeを比較。個人的に嬉しかった点を紹介します。
ファーエンドテクノロジーからのお知らせ(2019/07/18更新)
毎月開催、オライリー本の全冊公開のお知らせ(もくもく勉強会も同時開催)
ファーエンドテクノロジーが所蔵するオライリー本の全冊を公開します。あわせて当社セミナールームにて「もくもく勉強会」を開催します。
Redmine 4.0.4 / 3.4.11でファーエンドテクノロジーが開発したパッチ11件が採用
Redmine 4.0.4 / 3.4.11でファーエンドテクノロジーによるパッチが11件採用されました。
「FAREND NEWS」2019年第3号 発行
広報紙「FAREND NEWS」2019年第3号を発行しました。弊社サービスの運用・サポートに携わっているスタッフや弊社の取り組みをご紹介します。
Redmineの最新情報をメールでお知らせする「Redmine News」配信中
新バージョンやセキュリティ修正のリリース情報、そのほか最新情報を迅速にお届け